ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ■日本アカデミー賞、『桐島』が3冠獲得! 最優秀主演賞は阿部寛と樹木希林

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■日本アカデミー賞、『桐島』が3冠獲得! 最優秀主演賞は阿部寛と樹木希林


第36回日本アカデミー賞の授賞式が8日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪
にて行われ、『桐島、部活やめるってよ』が最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む

3冠を達成したほか、『テルマエ・ロマエ』の阿部寛が最優秀主演男優賞、
『わが母の記』の樹木希林が最優秀主演女優賞を受賞した。

 『桐島、部活やめるってよ』で東出昌大と共に新人俳優賞を受賞した橋本愛は
3冠受賞の発表前に登壇し、「公開前にキャストのみんなと会った時に、

8位から10位くらいをうろうろすればいいよねみたいな会話をしていました」と
低めの期待だったことを明かした。

 しかし、初週ランキングはその期待を大きく裏切る10位圏外。

 その後、徐々に口コミで話題が広がり8カ月のロングランヒットとなったことに触れ、
「本当に信じられませんでした」と振り返った。

 その後、同作を手掛けた吉田大八監督が最優秀監督賞を受賞すると号泣。

 さらに最優秀作品賞まで受賞し、吉田監督、東出と共にステージにあがった橋本は、
「監督の喜んでいる顔を見れたのがいちばんうれしいです」と笑顔を見せた。

 最優秀主演男優賞に選ばれた阿部は「まさかと思いました」と信じられない様子で、
「こんなことが自分に起きるとは思いませんでした。

 こんなでかい体なのに鳥肌が立って情けないです」と照れ笑い。

 同作では古代ローマ人を演じた阿部だが、
「今度この場所に戻ってくることがあったら、次は日本人役でお願いしたいと思います」の
言葉に会場からは笑いが起こった。

 一方、樹木希林は「いやぁちょっと…あのぉ…これいただくと来年司会やんなきゃいけないから」と
ぼやき、こちらも会場を沸かせた。

 また、『あなたへ』の故・大滝秀治と余貴美子が助演賞の最高賞をダブル受賞。

 優秀賞発表時、大滝さんの妻・純子さんが手紙を通して感謝の気持ちを伝えると、
吉永小百合(『北のカナリアたち』)は目を閉じながら1つ1つの言葉に聞き入っていた。

 最優秀賞発表時には代理として劇団民藝の後輩である俳優・山本哲也が登壇。

 「大滝さん! やったよー!」とトロフィーを高々と掲げ、
「今日は大滝さんの家に帰って、遺影の前で2人で大好きなお酒を飲んで乾杯したいと思います」と
声を震わせながら受賞の喜びを語った。

 また、ニッポン放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』のリスナーの投票により
選ばれる話題賞・俳優部門には、映画『闇金ウシジマくん』に出演したAKB48の大島優子が選ばれた。

 昨年、同賞を受賞した前田敦子がプレゼンターを務め、
かつてAKB48でセンターの座を争っていた2人がこの日、女優として再会した。



http://news.livedoor.com/article/detail/7483313/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

smaileman

Author:smaileman
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。