ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ■黒木メイサ、出産後初の公の場にミニドレスで登場し美脚披露

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■黒木メイサ、出産後初の公の場にミニドレスで登場し美脚披露


 女優の黒木メイサ、米俳優のブラッドリー・クーパーが24日、
東京・TOHOシネマズ六本木で行われた、映画『世界にひとつのプレイブック』の
プレミアイベントに出席した。

 黒いミニドレス姿で登場した黒木は、昨年9月に夫で元KAT-TUNメンバーの
赤西仁との間に第1子となる女児を出産後、初の公の場。

 出産して4カ月とは思えないスレンダーな姿を披露した黒木は、
米People誌の”世界一セクシーな男”に選ばれた主演のブラッドリーに
赤い花束を手渡すと「ビューティフル!」と称賛されて、照れ笑い。

 同作を鑑賞したという黒木は「2人の傷ついた男女が出会って愛を見つける映画。

 家族もすごい素敵で、笑いあり感動ありで満足しました」と話し、
主人公・パットについて「不器用だけど一生懸命なので、応援したくなる。

 ブラッドリーさんの新しい魅力を感じることが出来ました」と微笑みかけると、
ブラッドリーは日本語で「ありがとうございます」と返していた。

 また、観客の黄色い歓声で迎えられ、ファンとの記念撮影やサインに笑顔で
応じたブラッドリーは「人々がどれだけお互いを必要としているかを描いたファミリーの映画。

 人生で迷ったり、傷ついている2人のとっても特別な関係を描いてます」とPR。

 劇中では、パットの父親役をロバート・デ・ニーロ、母親役をジャッキー・ウィーヴァーが
演じており「2人は役に成りきっていたので、パットとしてすごく演じやすかった。

 デ・ニーロは最も偉大な俳優と言っても過言じゃない」と大御所俳優との撮影を
振り返り、「まだまだここからがスタートだという気持ち。

 人生に転機はあるので、この作品での監督との出会い、デ・ニーロとの共演は感謝すべきこと。

 これからもっと飛躍して成長していきたい」と語った。

 映画『世界にひとつのプレイブック』は、第85回アカデミー賞の主要8部門に
ノミネートされた、心を病んだ男女のラブストーリー。

 妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパット(ブラッドリー)は、
妻も職も失い、両親のいる実家で暮らし始める。

 社会復帰を目指してセラピーを受けるパットは、ある日、近所に住む挑発的な
ティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会うが、彼女もまた夫の死で心に傷を負っていた。

 過激な彼女に振り回されるパットだったが、妻への手紙を渡してもらう代わりに、
ティファニーのパートナーとしてダンスコンテストに出場することになる――というストーリーで、
映画は2月22日から全国公開。



http://news.livedoor.com/article/detail/7348291/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

smaileman

Author:smaileman
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。