ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ●怒りっぽい人の方が長生き?感情は表に出すほうが健康的―独研究者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●怒りっぽい人の方が長生き?感情は表に出すほうが健康的―独研究者


 27日、怒りっぽい人の方が長生きすることがドイツの研究で分かった。

 2012年12月27日、独イェーナ大学の研究者が6000人を対象に行った調査研究によると、
かんしゃくを起こしたり、負の感情を表に出すことは、長期的に健康を維持する上で
重要な要素であり、寿命が数年延びるという。

 つまり、感情を表に出すイタリア人やスペイン人の方が、
感情を抑えようとするイギリス人よりも長生きということになる。

 国際在線が英デイリー・メール紙の報道を引用して伝えた。



 研究によると、負の感情を押し殺そうとする人ほど高血圧や冠状動脈性心臓病、
がん、腎臓損傷などの病気にかかりやすいことが分かった。

 イェーナ大学の研究者・Marcus Mund氏は「感情を抑圧する人は特に危険だ。

 彼らはいつも防御行動を通じて負の感情を隠そうとし、リスクを避け、
いつも自分の感情を抑えようとしている。

 イライラを表に出したり、ストレスを晴らすのが得意な人に比べ、
『抑圧者』は心拍数と脈拍が速い傾向がある」と指摘した。

 しかし、悪いニュースばかりではない。『抑圧者』は一部の病気にかかるリスクは高いが、
自己回復のスピードも早いという。

 Mund氏は「彼らは自分の感情を制御しているため自律的で、
ライフスタイルに積極的に適応できる」と語った。

(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/TF)



http://news.livedoor.com/article/detail/7283165/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


感情はときどき表に出すが、常に冷静な状況がよいのだろうか--


スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

smaileman

Author:smaileman
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。