ホーム   »  モチベーション
Category | モチベーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標を具体化する数字力の磨き方

 畑村さんの日記には、事実関係以外にも食べた物、天気、そのときの感情などを
なるべく書くようにし、あとから見返したときに記憶が簡単に戻るようにしている。

 書くことで「思考のタネ」がつくられる!

 畑村創造工学研究所代表の畑村洋太郎さん、経営コンサルタントの小宮一慶さんが明かす
目標具現化への必須テクニックとは――。

 毎日欠かさず日記をつけることも、ふたりに共通する習慣だ。ただし、やり方は大きく異なっている。
小宮さんは、18年前から「3年連用日記」に英語で日記を書いている。

 「まもなく6冊目が終わります。仕事で英語を使わなくなったので、忘れないようにしようと……。
それに語彙が少ない分、英語のほうがシンプルに書ける。

 書くパターンは決まっているし、それほど時間はかかりません。
体重と血圧も一緒に記録しますが、その測定を含めて2、3分程度。

 寝る前に日記を書き、ブログを更新するのが日課です」。

 意図的に読み返すことはないが、3年連用なので、昨年や一昨年のものは自然に目に入る。
その内容から「お世話になった人に電話をしよう」と思い立ったり、失敗を反省することもあるという。


 畑村さんの場合は、30分かけて、じっくりと日記に取り組む。
15年以上愛用しているのは、銀座の文具店、伊東屋の1週間の予定が見開きに収まるタイプの手帳だ。

 まずは鉛筆で予定を書き入れ、1日の終わりにそれを消して、日記に書き換える。
1日分は7行。細かい字で丁寧に書き込んでも230字程度しか入らない。

 その限られたスペースに、何時にどこに行き、誰と会い、どんな印象を持ったかを詳細に記録しているのだ。

 略字なども駆使しているが、起床・就寝時間、天候、食事の内容と感想、
犬の散歩のコースまで網羅されていることに驚く。

 この記述はすべて脳の記憶を引き出すためのキーワード。
季節感や味覚など、記憶再生の糸口は人それぞれなので、
自分に最適なものを見つけるまでには紆余曲折があったという。

 「工夫のかいあって、これを読むだけで、その日の情景が、細部まで再現できるんです。
人間の記憶は時系列なので、時間を書き込むことは必須です」

 2年分を常に持ち歩き、折にふれて過去の記録を読み返している。
活躍する機会は多く、「見学記」をまとめるときも、この日記が大いに役立つそうだ。

 生活の中では、時間軸のほかに、量的にモノを見ることも重視している。
「よく聞く『東京ドーム何杯分』という喩えはナンセンス。
東京ドームの容積を知っている人はほとんどいませんからね。

 それよりも、歩幅(身長の約半分)など、自分なりの物差しを使って数を把握する
訓練をしたほうがいい」と力を込める。

 数値で物事を把握することの重要性は小宮さんも指摘している。
ビジネスで成功するためには、目標を具体化することが必要となる。

 磨くべきは数字力。
そこで自身が企画した「小宮一慶手帳」には、気になる数字を書き込んだり、
経済指標を定点観測する欄を設けている。

 自分の手帳には、国民健康保険の加入者数、家計の現預金残高
(6月末に、初の800兆円超え)など、関心を持った数字を、その都度メモしている。

 「仕事柄、僕はマクロ経済の数字に興味がありますが、読者の皆さんは、
勤めている会社の売り上げなど、自分の仕事に関連する数字をきちんと把握する
ことからはじめたほうがいい。医療関係者なら高齢化率とかね。

 そしてそれを定点観測して書き出す。この作業が大切なんですよ。
ちょっとした努力の積み重ねが、5年、10年経つと大きな差になるんです」

 千里の道も一歩から。
今回紹介した達人のノート術も、「なるほど……」と“わかったつもり”になっただけでは意味がない。

 自分のものとして使いこなすためには、具体的な一歩を踏み出すことが肝心だ。

 キーワードを意識してメモを取るのもよし、日記をつけるのもよし。
ただし「何のためにそれをするのか」という目的は、忘れずにいたいものである。



http://news.livedoor.com/article/detail/7001083/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


スポンサーサイト

やる気の出し方をどうするか?

 「出逢いの大学」学長千葉智之1973年生まれ。

 大手建設会社を経て、大手総合情報メディア企業に転職。
 一介の会社員でありながら、のべ会社員数7000人の異業種交流コミュニティを
 SNS上で主催するコネクター。

 著書に『出逢いの大学』『やる気の大学』。一流のプロフェッショナルたちは、
 何を切り捨て、何に力を注ぎ、どのようにしてチャンスをモノにしてきたのか。

 有限の時間を効果的に活用するためのノウハウと哲学を公開。

■千葉さんからのアドバイス

 やる気は「出る」ものではなく、「出す」ものです。
もちろん、うれしいことがあれば勝手にやる気が出るし、辛いことがあれば萎みます。

 これは人間として自然な感情です。しかし、
自然に任せているだけでは仕事を効率的に進めることができません。

 自然状態のやる気の波は不安定ですが、それをいかに振れ幅が小さく、
周期が一定で、アベレージの高い状態へと導くか。

 それによってアウトプットは何倍にも増えるはずです。
振れ幅をコンパクトにするためには、やる気が下がっているときに気分を切り替える工夫が必要です。

 例えば残業して気分が乗らないときは、さっさと切り上げて家に帰ったほうがいい。
エンスト状態に陥ったときにアクセルを踏み込んでも、エンジンが空回りしてやる気がますます
失われていくだけです。

 早く家に帰って気分をリセットし、翌朝、
小鳥のさえずりを聞きながら起きて出社したほうが仕事ははかどるはずです。

 やる気のアベレージを高める仕組みとしては、
ちょっと先の未来に楽しいことを仕込む方法はいかがでしょうか。

 この仕事が片付いたら奮発しておいしいものを食べにいくなど、
楽しい予定が先に控えていると、自然にやる気が湧いてくるものです。

 逆に自分を追い込んでやる気を出す方法も効果的。
僕は切羽詰まらないと行動を起こさないタイプなので、仕事にデッドラインをつけて、
取り組まざるをえない状況を意識的につくっています。

 取りかかる前は面倒に思えた仕事も、
いざやってみると気分が乗ってくるケースが多いですよ。

 やる気の周期を一定に保つには、外的要因の影響をできるだけ排すべき。
そのためには外的要因を無視するのではなく、むしろ自分のものとして捉える思考法が役立ちます。

例えば誰かのミスで仕事が滞ったとき、「あいつが悪い」と人のせいにすると、
自分ではコントロールできないために気持ちが荒れてきます。

 しかし、「あの人に頼んだ自分が悪いのだから次回は別の人に」
「説明の仕方がマズかった。次は工夫しよう」というように自分で解決可能な問題として
捉えれば、必要以上に気持ちは波立たないはずです。


■倉持さんからのアドバイス

 私は目標管理のために、自分の成果や行動を数値化して手帳に毎日つけていました。
例えば売り上げ達成のために1日5件の新規営業が必要だと判断したら、
訪問件数を毎日、手帳につけて振り返ります。

 さらに週次でも数字を集計し、行動を微調整します。

 数字を毎日書き込む習慣は、モチベーション管理にも役立ちます。

 数字が目標値に達しない日、
あるいは毎日の振り返りをさぼって空白になっている日があれば、
それはモチベーションが落ちている証拠です。

 まさに数字はモチベーションのバロメーターなのです。

 数字を書き込めなかった日は、書く気にならなかった原因を探り、
再発防止策を考えます。

 モチベーションを下げる要因は何か、その都度振り返って対策を練ることで、
モチベーション維持のオプションが自分の中に積み上がっていきます。

 週単位、月単位で毎日の数字を振り返り、
モチベーションのサイクルを把握することも重要です。

 例えばいつも金曜日にモチベーションが下がっていることがわかったなら、
スケジュールの組み方もひと工夫できるはず。

 元気がないときに部下と話すと自分のモチベーションの低さが伝播してしまうので、
会議や打ち合わせの予定は月~木曜日に入れて、
金曜日は事務作業中心というスケジュールを組むこともできます。

 また数字を追いかけることは大切ですが、達成中毒に陥らないことも重要。
目標達成の目的は自分が幸せになるためですが、数字にこだわりすぎると、
いつのまにか目標自体が目的化して、
いくら達成しても満足感を得られずストレスを感じるようになります。

 これを防ぐために、私は目標達成時に手に入れたい気分(達成感や自己重要感)の
イメージを絵にして、数値目標の横に描いていました。

 単に数字を追うだけでなく、その先にある幸せを可視化することで、
モチベーションは正しく維持されるのです。


http://news.livedoor.com/article/detail/6934546/
※この記事の著作権は配信元に帰属します






堀北真希「梅ちゃん先生」撮了! 印象に残ったのは「結婚と出産」

感無量の面持ちでクランクアップを迎えた堀北真希



 女優の堀北真希が主演するNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の
クランクアップ会見が8月24日、東京・渋谷の同局で行われ、
堀北と夫役で共演する松坂桃李が出席した。

 戦後復興期の東京・蒲田を舞台に、地域医療に生きる町医者
“梅ちゃん先生”ことヒロイン梅子(堀北)の成長と奮闘を描き、同日、
すべてのシーンの撮影が終了した。

 堀北は「長かったような、短かったような……。

 皆さんに愛されるテレビ小説なので、不安やプレッシャーはあったが、
目の前のことに必死に、梅ちゃんとして走り続けた。皆さんに支えられ、
充実した10カ月だった」と感無量の面持ち。

 幼なじみの信郎(松坂)と結婚し、母となるストーリー展開に
「結婚もしたことなければ、母親になった経験もありませんので、
特に印象に残っています」と振り返った。

 一方“裸一貫”で成功を収める夫を演じた松坂は
「最初はずいぶん汚い格好をしていましたが(笑)、皆さんのおかげで若社長になれました。

 信郎に自分の体を貸して、もうひとつの人生を生きた感覚」とこちらも感慨深げ。

 「僕にとって、このドラマは宝ですね」と断言し「自分自身の成長にもつながったし、
感謝してもしきれない」と思いのたけを叫んだ。

 放送開始当初から視聴率は好調で、8月11日には関東エリアで最高視聴率24.9%を記録した。

 10月にはスペシャル版「梅ちゃん先生
 ~結婚できない男と女スペシャル~」がBSプレミアムで放送される予定だ。

 ドラマには堀北、松坂をはじめ、高橋克実(梅子の父・建造)、
南果歩(梅子の母・芳子)、ミムラ(梅子の姉・松子)、小出恵介(梅子の兄・竹夫)、
鶴見辰吾(建造の弟/梅子の叔父・立花陽造)、倍賞美津子(梅子の祖母・正枝)、
お隣りの幸吉(片岡鶴太郎)ら豪華なキャストが出演。

 この日は堀北と松坂の労をねぎらおうと、高橋、鶴見、
片岡らが花束をもって取材現場に駆けつけた。

 「梅ちゃん先生」は9月29日に最終回を迎える。

 「梅ちゃん先生 ~結婚できない男と女スペシャル~」前編は10月中旬、
後編は10月下旬にBSプレミアムで放送予定。


http://news.livedoor.com/article/detail/6886353/
※この記事の著作権は配信元に帰属します





デザイナー解雇の恨みが動機 NY中心部の発砲事件

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・マンハッタンのエンパイアステートビル前で起きた発砲事件で、ニューヨーク市警のケリー本部長は24日の記者会見で、容疑者の男は女性用宝飾品デザイナーとして働いていた会社から解雇されたことを恨みに思い、犯行に及んだと明らかにした。

市警によると、男はジェフリー・ジョンソン容疑者(58)。この会社は、エンパイアステートビルのすぐ近くにある。




http://news.livedoor.com/article/detail/6887999/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

「中国の子どもたちはスタートラインですでに死んでいる」大学教授が親たちを批判―中国

 2日、“怒れる若者の代表者”と目されている浙江大学の鄭強教授が華中農業大学で4時間にわたる講演を行った。

 2011年6月2日、武漢晩報によると、“怒れる若者の代表者”との声も高い浙江大学の鄭強(ジョン・チアン)教授が華中農業大学で4時間にわたる講演を行った。

 鄭教授は低年齢化が進む現下の子どもの教育について、「酷いありさまに心が痛む」とし、「中国の子どもはスタートラインから負けているのでは無い。スタートラインですでに死んでいるのだ」と指摘。“教育熱心”なはずなのに、中国人はいまだノーベル賞とは縁遠い。何故か?

 「中国の子どもは遊んでおらず、遊ばせてももらえ無い。子どもの時からすでに潜在能力を伸ばす可能性を奪われ、本来在るべき自分の思考も抑えられている」と鄭教授は話し、「子どもの成長は30m走などではなく、3000m走でも無い。1万m走のようなものだ」と指摘する。

 本来、教育とは“短距離走”では無い。しかし現下の多量の親が想定しているのはせいぜい3000m走程度の視点。目先のことばかりに気をとられて長期的なビジョンが欠けており、「子どもが成長したときの“本当の姿”を思い描けてい無い」とした。

 講演を聴きに来た多量の学生に「個性在る成長をしてほしい」と話した。

 鄭教授は工学博士で、京都大学への留学経験の持ち主。中国教育部の人材育成政策「長江学者奨励案」の特任教授も務めている。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
・教育競争力ランキング、1位はデンマーク=日本34位、中国43位―韓国
・詰め込みと模倣ばかり……子どもの創造力を摘み取る中国式教育―中国誌
・中国式スパルタ教育は本当に優れているのか?中国国内でも見直し求める動き―米紙
・<中国人が見た日本>震災時の日本人の行動は社会の教育の結果、中国人は反省も
・<調査>愛人志望の女性が急増、8割が誘因は教育の欠如と認識―中国


http://news.livedoor.com/article/detail/5608177/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

■子供には自由な発想を育てるためには、自由に遊ばせることも重要だということです。
  殻にはまった秀才を育てるのか、想像力豊かな天才を育てるのかという問題です。







The Power of CHI!気の力で人間改造自由自在!中国武術の奥義“気功語(CHI)~人生を変えるノウハウ~


テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したスポーツメンタル強化の専門書。心と脳に秘められた潜在能力を解き放つ「SSPメンタル強化プログラム」





プロフィール

smaileman

Author:smaileman
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。